スパやサロンの中に、アーユルヴェーダの浄化トリートメントが取り入れられて久しくなります。ただ日本では、アーユルヴェーダセラピストの認定制度や基準が無く、医療との境目や役割分担も忘れがちになっていないでしょうか?
そこで、日本アーユルヴェーダ学会理事長の田澤賢次先生に、サロンやスパで、アーユルヴェーダの浄化法を施術するにあたってどんな注意と知識が必要か、医師の立場からお話しを伺いました。
インドの伝承医学をビジネスとして扱う、美容・スパ業界ですが、業界外からも認知されるべく、知識と視野を広める必要があります。私自身も、技術講習や習得に追われ、手技や粧材だけが一人歩きしないよう、先生のお話を今後の布石にして、勉強を続けたいと感じました。

アロマトーク代表 菅野真由美

田澤賢次先生
医学博士。日本アーユルヴェーダ学会理事長。富山大学名誉教授。 不二越病院顧問。日本オリンピック委員会強化スタッフ委員。アーユルヴェーダの「クシャーラ・スートラ」や発汗促進法などを医療現場・スポーツ分野で利用し注目を集める。「大腸癌発生予防のメカニズム」「遠赤外線温熱療法と熱ショックタンパク」などの領域で研究活動を行う。

トルコ式スチームバス「ハマム」の心地よさをお客様に体感していただくために開発した「葉MAMハマム」は、全身にゆっくりとハーブスチームが行き渡るよう木の葉型に設計されています。閉ざされた空間に座っていなければならないのが難点だった、ハーブテントの気持ち良さをそのままに、ベッドに横になったままハーブ浴ができる、業界初の「木の葉型スチームベッド」なのです。

アーユルヴェーダ

商品数:16件

Copyright ©Aroma Talk, All Rights Reserved.

Page Top