マイページログイン

ログイン

※パスワードを忘れた方はこちら


初めての方へ

新規会員登録
メールマガジン お問い合わせ
 

気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などを中心とするアレルギー性の病気が増えています。
最近の調査ではアレルギー症状を持つ人が15年間で3倍になっていると言われ、今や日本人の5人に1人、もしくはそれ以上の人が、何らかのアレルギー性疾患に悩まされているといわれる現代病の一つです。

▶アレルギーとは・・・
“免疫”という言葉を聞いた事があると思いますが、“免疫”とはその言葉通り「疫(病気)を免れる」ということで、免疫細胞の活躍により、さまざまな病気を予防したり、病気を回復させたりする働きのことです。私たちの身体には、細菌やウィルスなどが外部から体内に侵入してきた時に、それを異物(抗原)として認識し、排除して身体を守ろうとする防御機能が備わっています。一度病原菌に感染すると、次からは同じ病気に感染しにくくなりますが、それは免疫の働きにより抗体が作られるからです。このような、外敵から身を守ろうとする生体防衛機能が「免疫システム」と言われるものです。この免疫システムがあるからこそ、私たちの健康は守られているのです。 ところが、私たちの身体に無害であるはずの抗原(食物や花粉など)の2度目以降の侵入に対しても免疫機能が過剰に働いてしまい、身体にとって都合の悪い結果を引き起こしてしまう事があります。それがアレルギー反応で、抗原のなかでも特にアレルギーを引き起こしやすいものを『アレルゲン』と呼んでいます。 アレルギーといってもその種類・症状は様々です。抗原つまりアレルゲンの種類によって引き起こされるアレルギー症状も違ってくるからです。 アレルゲンの種類には食物・薬物・室内のゴミやホコリ(ハウスダスト=ペット類の毛やダニなど)・花粉などがあり、アレルゲンによって誘発され、蕁麻疹・皮膚炎・喘息・発熱などを発症するのがアレルギー疾患です。 また、アレルギーの種類はIgE(※1)抗体によって起こる儀燭ら厳燭泙任裡桓鑪爐吠けられ、それぞれ免疫機構や抗体の種類などの違いによって発症する病気も違ってきます。 アレルギー疾患の発症には遺伝的な体質も関わっているといわれています。「アレルギー体質」・「アトピー素因」と呼ばれるもので、このような人たちはIgE抗体がつくられやすい体質です。

ところが、私たちの身体に無害であるはずの抗原(食物や花粉など)の2度目以降の侵入に対しても免疫機能が過剰に働いてしまい、身体にとって都合の悪い結果を引き起こしてしまう事があります。それがアレルギー反応で、抗原のなかでも特にアレルギーを引き起こしやすいものを『アレルゲン』と呼んでいます。

▶体質を改善してアレルギー対策
現代人の食生活の乱れは、ますますアレルギー体質の人間を作り出します。食事により吸収されたタンパク質の分解能力の低下が徐々に進行し、過食気味の食事や運動不足によって免疫力が低下し、ついにはアレルギー物質(アレルゲン)に対応できないアレルギー体質人間へシフトしていくのです。その様なアレルギーに打ち勝つための対策法のひとつが、“健康と体質をコントロールする”ことにあります。

アレルギー体質を語る上で最も関係の深いアレルギーが『食物アレルギー』です。食物アレルギーは、主に卵、大豆、そして牛乳がアレルゲンとなるケースが多いのですが、それら卵、大豆、牛乳、またはお肉などの食品タンパク質が体内でうまく分解されない事から起こります。肉食中心で高タンパク・高脂質の食生活は、未消化のタンパク質をつくりやすくアレルギー反応を引き起こすきっかけとなるのです。その為、この高タンパク・高脂質の食生活を改善することがまずは重要になるのです。さらに、食べ過ぎで栄養過多の食生活が、活性酸素の量を増やし、その活性酸素が細胞を攻撃するので体内の防衛力を弱め免疫力を低下させます。

そして、飲料水と適度な運動に気を配る必要があります。人間の体は60%は水成分で出来ています。きれいな水を飲み抵抗力をつけることはアレルギー体質を改善する上で欠かせない要素のひとつと言えます。また運動不足も体の抵抗力を弱めて栄養の消化吸収力も低下させてしまいます。言うまでもなく適度な運動を心掛け腸の働きを活性化させましょう。

▶健康な体づくりでアレルギー対策
免疫力の低下はアレルギーを起こしやすくします。
免疫力の低下を招くストレスを解消する事もアレルギーへの対策・対処法において大切なことです。仕事や人間関係などによりストレス状態が続いて自律神経のバランスが崩れると、免疫システムにも異常が起こりやすくなります。過度のストレスにより自律神経に異常が見られたならば、ゆっくりと深呼吸をして心を落ち着かせリラックスしましょう。ゆっくりと空気を吐き出し、自然に吸う呼吸法を身に付け、毎日習慣づけると心身の抵抗力が高まり、アレルギーにも強くなります。リズムの乱れた生活は、ストレスを溜めやすい体質を作ります。人間の体は太陽の日の出と共に活動を開始し、夜は寝るという生体リズムが刻まれています。自然のリズムに合わせた規則正しい生活が何より大事です。早寝早起きを基本とした規則正しい生活リズムを作るとともに、アロマテラピーやヨガ、自然に触れる、熱中できる趣味を見つける、運動をするなど自分にあったストレス解消法を見つけて実行しましょう。

医学博士 田澤賢次(たざわ けんじ)
富山医科薬科大学名誉教授
日本アーユルヴェーダ学会前理事長
日本オリンピックトレーニングドクターなど

▼田澤先生のセミナーはこちら

Copyright ©Aroma Talk, All Rights Reserved.

Page Top