脈診とは、患者の脈に触れて拍動の強さや早さ、硬さや太さ、浮き沈みなどを把握することで、身体と疾病の状態を診察する方法です。 中国医学では、気血の状態が脈に現われ、脈診で各臓器の様子が分かると考えたため、古くから行われ、診断において大変に重要視された方法でもありました。

アーユルヴェーダでも古くから用いられており、また古代ギリシャに始まるユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)でも、体液のバランスの崩れが病気を引き起こすという体液病理説(四体液説)であったため、体液の状態を知るために 尿診と共に脈診が重要視された。

アーユルヴェーダの脈診(ナーディ・パリークシャー)は、右手の人差し指、中指、薬指を使って行われ、患者が男性の場合は右手、女性の場合は左手の脈で診察されます。ヴァータの状態は人差し指で、ピッタは中指で、カパは薬指で感じられるとされ、脈を感じる深さによって、患者のドーシャの先天的なバランスと現在の状態を判断することが可能とする診断法です。

日本アーユルヴェーダ学会理事長 田澤 賢次(たざわ けんじ)先生

アーユルヴェーダの「クシャーラ・ストーラ」や発汗促進法などを医療現場・スポーツの分野で利用し「大腸癌発生予防のメカニズム」「遠赤外線温熱療法と熱ショックタンパク」などの領域で研究活動を行う。   

【略歴】
アロマトーク顧問医師
日本アーユルヴェーダ学会前理事長
医学博士・富山医科薬科大学名誉教授
日本癌学会特別会員・アメリカ癌学会会員
日本体育協会公認スポーツドクター
日本オリンピック協会強化スタッフトレーニングドクター等。
開催日  2019年9月9日(月) 〜 9月10日(火) 1泊2日
開催場所  東急ハーヴェストクラブ那須 栃木県那須郡那須町高久丙1792

  ★東京方面からお越しの場合は、新宿駅発のバス「那須リゾートエクスプレス」がおすすめです!
 
参加費  28,000円(税別)

【参加費に含まれるもの】講習費、教科書、ホテル宿泊費、夕食懇親会費、
【参加費に含まれないもの】朝食、

※朝食別(ご希望の方は当日ご予約下さい。)
※前泊・後泊ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。
スケジュール  9月  9日(月)19:30 〜  懇親会(時間が変更になる場合があります。)
 9月10日(火)  9:00 〜 12:00 『脈診』セミナー
 
 (セミナー終了後解散)
お支払い方法  銀行振込、事前カード決済

(お問い合わせ)TEL.029-287-7610




 

ネパール出身のルペス・シュレスタさんによる、シンギングボウルを使った倍音セラピーの効果効能と瞑想体験の実演。
シンギングボウルが奏でる倍音を耳で聴き、空気の振動を体全体で浴びることで深いリラクゼーション効果とチャクラバランスを整えます。

ネパール・カトマンズ出身。日本在住10年。
チベットに古来から伝わるシンギングボウルの音色「倍音」に魅了され、ネパールでシンギングボウルセラピーを学ぶ。
現在では、各地のイベントに出店しながらネパール雑貨・衣類販売卸店「MAAYA」を経営。
産業の乏しいネパールの為に、ネパールのハンドメイド製品を販売し人々に仕事を提供し、自立支援をサポート。
また、医療面でも定期的に血圧計を寄付するなどの医療援助ボランティアを行い、ネパールと日本の懸け橋になっている。
 
開催日  9月9日(月)15:30〜17:00
参加費  3,500円(税別) 
 
※シンギングボウル・セミナーのみの参加はできません。脈診セミナーとあわせてお申し込みください。
※当日はシンギングボウルを生徒様特別価格にてお買い求めいただけます。

Copyright ©Aroma Talk, All Rights Reserved.

Page Top